【7/22発売】最弱職の初級魔術師: 初級魔法を極めたらいつの間にか「千の魔術師」と呼ばれていました。(3)(アルファポリス)新刊情報まとめ

【7/22発売】最弱職の初級魔術師: 初級魔法を極めたらいつの間にか「千の魔術師」と呼ばれていました。(3)(アルファポリス)新刊情報まとめ

2020年7月22日、アルファポリスよりライトノベル『最弱職の初級魔術師: 初級魔法を極めたらいつの間にか「千の魔術師」と呼ばれていました。(3)』の新刊が発売となります。

基本情報や特典情報などをまとめていますので、ご参照下さい。

『最弱職の初級魔術師: 初級魔法を極めたらいつの間にか「千の魔術師」と呼ばれていました。(3)』のあらすじ・概要

勇者召喚に巻き込まれ、異世界にやってきた平凡な高校生、霧崎ルノ。
勇者どころか、異世界最弱と評判の「初級魔術師」だった彼は、初級魔法の秘められた力を解放し、帝国四天王、森人族の精鋭、ミノタウロス等、並みいる強敵を撃破していく。
これら騒動を経てバルトロス帝国と交流を深めたルノは、帝国側のメンバーとして、エルフ王国との会談に参加することになった。
その場では、両国の平和に向けた話し合いがなされるはずだったが――突如として謎の組織「魔王軍」が現れる。
人間、森人族、そして魔王軍。
様々な思惑が交錯し、混迷を極めるなか、ついに魔王が降臨してしまう。
絶望に沈む異世界を救うべく、最弱の初級魔術師ルノが立ち向かう!

『最弱職の初級魔術師: 初級魔法を極めたらいつの間にか「千の魔術師」と呼ばれていました。(3)』の基本情報

項目詳細
タイトル最弱職の初級魔術師: 初級魔法を極めたらいつの間にか「千の魔術師」と呼ばれていました。(3)
著者カタナヅキ
出版社アルファポリス
レーベル
版型単行本
ページ数279ページ
発売日2020年7月22日
価格(税込)1,320円

『最弱職の初級魔術師: 初級魔法を極めたらいつの間にか「千の魔術師」と呼ばれていました。(3)』の特典情報

残念ながら、ライトノベル『最弱職の初級魔術師: 初級魔法を極めたらいつの間にか「千の魔術師」と呼ばれていました。(3)』の新刊には、特典情報がありません。

お買い求めしやすい方法で購入することをお勧めします。

アルファポリスカテゴリの最新記事