【7/25発売】影の宮廷魔術師(2)~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~(オーバーラップノベルス)特典情報まとめ

【7/25発売】影の宮廷魔術師(2)~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~(オーバーラップノベルス)特典情報まとめ

2020年7月25日、オーバーラップよりライトノベル「影の宮廷魔術師(2)~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~」(オーバーラップノベルス)の新刊が発売となります。

基本情報や特典情報などをまとめていますので、ご参照下さい。

「影の宮廷魔術師(2)~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~」のあらすじ・概要

帝国最強の巨人(タイタン)部隊を、“影”から駆逐する

第二王子・ケーリッヒとの王位継承戦に勝利した宮廷魔術師・レオン。
一時の休息を得た彼は趣味の書物を求め、魔術師ギルド付属図書館へ赴く。
そこで書物を巡り、意気投合した炎の魔術師・ナインからとある依頼を受けることに。
聞けば、この図書館で多発する魔術書焼失事件の容疑者、としての嫌疑を晴らして欲しいという。
レオンは持ち前の知略で真犯人を追い詰めるのだが、意外な事実が発覚し……?
さらに、王位継承戦にも不穏な兆候が見え始め、レオンの下に新たな辞令が届く。
それは隣国アストリアが誇る最強の「巨人(タイタン)部隊」の掃討命令。援軍を見込めず絶望的な状況下で、彼はある奇策に打って出る。
レオンが目を付けたのは“ドオル族”という戦闘民族――
王国に住まいながらも、忠誠を誓わない荒くれ者達だった!
ドオル族の血を引くメイド・クロエと共に、レオンは彼らを懐柔しようと画策するのだが――!?
最強軍師による暗躍戦記ファンタジー、第2幕!

「影の宮廷魔術師(2)~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~」の基本情報

項目詳細
タイトル影の宮廷魔術師(2)~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~
著者羽田遼亮黒井ススム
出版社オーバーラップ
レーベルオーバーラップノベルス
版型単行本(ソフトカバー)
ページ数316ページ
発売日2020年7月25日
価格(税込)1,320円

「影の宮廷魔術師(2)~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~」の特典情報

ライトノベル「影の宮廷魔術師(2)~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~」の新刊には、アニメイト特典とらのあな特典メロンブックス特典があります。

特典は無くなり次第終了となりますので、お早めにお買い求め下さい。

項目詳細
アニメイト特典ショートストーリーペーパー
ゲーマーズ特典
とらのあな特典書店共通ペーパー
メロンブックス特典特製SSペーパー

オーバーラップカテゴリの最新記事