【7/17発売】赤ちゃんと教授 乳母猫より愛をこめて(集英社オレンジ文庫)新刊情報まとめ

【7/17発売】赤ちゃんと教授 乳母猫より愛をこめて(集英社オレンジ文庫)新刊情報まとめ

2020年7月17日、集英社よりライトノベル「赤ちゃんと教授 乳母猫より愛をこめて」(集英社オレンジ文庫)の新刊が発売となります。

基本情報や特典情報などをまとめていますので、ご参照下さい。

「赤ちゃんと教授 乳母猫より愛をこめて」のあらすじ・概要

謎も事件も赤ちゃんも、おまかせください!
超敏腕ベビーシッター鮎子と美形教授の同居育児コメディ!

職ナシ・家ナシ・貯金ナシ。
超有能なベビーシッターの西東鮎子は不運なトラブルで家と仕事をいっぺんに失ってしまい極貧生活を強いられていたが、持前の明るい性格で、次の仕事も大丈夫、すぐ見つかるわと前向きに生きていた。
美しい秋のある日、偶然立ち寄った公園で坂道を疾走してくるベビーカーを助けた鮎子は、赤ん坊の養父である大学教授、島津伊織に雇われることに。
美形でお金持ちで一分の隙もない完璧な紳士、島津教授は鮎子にこう問いかけてくる。
「実は現在、面倒な事情があるもので、ベビーシッター以外の仕事もお願いしたいのですが」「あ、家事とかですか? わたし、以前に家政婦の仕事をしていたこともあるので、家事全般は得意です」「いいえ、そうではなく……」
教授はにっこり微笑んで、「西東さん、あなたにはいまから、ベビーシッター兼、ぼくの婚約者になってほしいのです」……!?
あれよあれよという間に、教授の住む豪華なマンションに連れていかれ、同居をすることに。
敏腕ベビーシッターとして働きつつ、教授の婚約者として振る舞うこととなるのだが!?

「赤ちゃんと教授 乳母猫より愛をこめて」の基本情報

項目詳細
タイトル赤ちゃんと教授 乳母猫より愛をこめて
著者松田志乃ぶはしゃ
出版社集英社
レーベル集英社オレンジ文庫
版型文庫
ページ数320ページ
発売日2020年7月17日
価格(税込)715円

「赤ちゃんと教授 乳母猫より愛をこめて」の特典情報

残念ながら、ライトノベル「赤ちゃんと教授 乳母猫より愛をこめて」の新刊には、特典情報がありません。

お買い求めしやすい方法で購入することをお勧めします。

集英社カテゴリの最新記事